カードレスのキャッシングは口座への振込み融資のみ

ネットキャッシング活用術

カードレスのキャッシングは口座への振込み融資のみ

ここまでネットキャッシングについていろいろと書いてきました。
近年ではネットからの申込みが可能な銀行や消費者金融がほとんどですから、
ある意味、キャッシング全般についてのお話ともいえます。

ここでもう一度、ネットキャッシングの定義について再考してみましょう。
ネットキャッシングは、大きく二つにわけることができます。

・カードの発行があるもの
・カードの発行がないもの(カードレス)

どちらも申込みは、ネットから行えますし、
初回の借入れの振り込みを同時に申請できて、ネット上で申込みから融資までを
完了できますから、どちらもネットキャッシングといえます。

カードの発行があるものの場合は、2回目以降の借入れの際に、
借入れしたいことをネットから申請しての、振込みによる融資も可能な上、
カードが発行されるわけですから、専用ATMかもしくはコンビニなどの提携ATMから
借入れが可能です。

一方、カード発行がないもの(カードレス)では、当然カードがありません。
2回目以降の借入れの際も、ネットを介しての借入れとなるわけです。

実際にカードを利用して借り入れることに抵抗がなければ、
二つの借入れ方法が用意されている、カード発行があるもののほうが
利便性が高いともいえる一面もあります。

カードレスでのキャッシングのメリット

では、カードの発行がないカードレスキャッシングのメリットはなんなのか?
といいますと、カードレス形式のサービス展開している業者は、
一部をのぞいてほとんど、店舗を持たずにネット上のみでサービスを行っています。
店舗を運営する際の人件費や設備費が必要ないですから、
その分低金利であったり、オンラインでのサービスが充実している
といった点がメリットといえます

例えば銀行系の業者の場合であれば、土日祝日に関わらず24時間365日、
金融機関の営業時間に関わらず、いつでも振込み融資を受けられるのは、
非常に大きなメリットだといえますね。

誰にも知られずに借りるならWEB完結

キャッシング申込みの際には、申告した職場に本当に勤めているのかを確認する、
在籍確認の電話が(業者名ではなく個人名で)かかってくるのが普通です。
また、カードレスのキャッシングサービスではカード発行がないですから、
カードが自宅に郵送されることはないものの、契約書が郵送されてくる場合があります。

こういったことから、カードレスキャッシングであっても、
家族や職場に知られてしまう危険性は避けられませんでしたが、
唯一、在籍確認なし、郵送物も一切なし、で借入れが可能なのが、
モビットのWEB完結です。

在籍確認をせずに融資をうけるには、収入証明書類の提出が必要となりますが、
どうしても在籍確認の電話を避けたいという方にとって、
こういった対応が可能なのはモビットしかありません、貴重なサービスといえますね。