来店不要 即日融資のメリットとデメリット

ネットキャッシング活用術

来店不要の即日融資のメリットとデメリット

キャッシングのサービスは非常に便利になってきていて、
最近では来店不要の即日融資のサービスが当たり前の用に
提供されるようになってきました。

来店不要と言うことですから、どうやって手続きをするのかというと、
郵送を利用するか、それともウェッブキャッシングを利用するかのどちらかの場合が多いです。

ATMか振込みか

実際にお金を借りるときには、ATMを利用する場合と振込を利用する場合とが多いです。
このどちらかでできるというのが一般的なサービスだと言えるでしょう。

来店不要で、しかも即日融資となった場合には、まず審査の時間が重要なものとなります。
借入をするときにもっとも時間のかかるのが審査です。
ですから、審査スピードが短いものを選ぶ事が必要です。

ATM利用にはカードが必要

即日融資を利用するときに注意しておかなければならないのが、
手続きが完了するまでの時間です。
ATMを利用するためにはカードを受け取ることが必要ですが、
来店不要のサービスではカードを受け取るのに時間がかかることもあります。
自動契約機(じどうけいやくき)を利用するなどしてカードをすぐに受け取ることが
できるような方法を選ぶ事も必要です。

新規発行時のカードの受け取りは提携ATMではできません。アコムやプロミスやバンクイックが自前で用意している自動契約機を活用する必要があります。 むじんくん、など手間いらずの自動契約機は年々営業時間が延びてきているのも面白いところで最近では都心であれば、21時頃まで対応する消費者金融が増えてきました。 カード発行後は怖いものなしで、365日年末年始ATMでほぼ即日キャッシングができるようになります。

田舎の全国展開していないコンビニはもしかするとATM自体提携数が少ないためできないかもしれませんがセブンイレブン、ローソン、サンクス、ファミリーマートなどの主要コンビニエンスストアであれば24時間いけます。主流はATMと消費者金融の専用カードでのキャッシングが来店不要の即日融資といえます。

ATMとキャッシングカードを活用した来店不要の即日融資のメリットは新規でも遅い時間で申込が出来る点。デメリットは自動契約機が近場にない場合は少し足を運ばなければいけない点でしょうか。

振込なら申し込み時間に注意

カードを利用しない場合には、振込で受け取ることになるのですが、
振込自体に時間がかかることもあります。

申し込みから審査まで、早ければ30分程度、時間がかかれば40分~50分程度
であることを踏まえて、1時間強ぐらいの余裕を持っておいたほうが無難です。
つまり、大抵の金融機関は15時までが営業時間なので、
14時前には、申し込みを済ませておくことが振込みでの即日融資を受ける際の、
申し込み時間のリミットだといえるでしょう。

グループ企業の銀行であればすぐに振込手続きが終わる場合が多く、
リアルタイムで引き出せることが多いですから、
急いでいるときにはこの点にも注意して選んでおくことが必要となってくるのです。

振込融資は銀行口座に入金してもらえるので振込後はATMから預金をおろすイメージで手元に現金がくるのには手間がかかります。

銀行か結局コンビニのATMにいってのおろさなければいけないので面倒と感じる方も多いでしょう。場合によっては時間外や休日だと手数料を100円~300円取られてしまうことも。しかし、一旦口座に振り込んでもらうのは活用方法としては、毎月の定期購入の商品や会員日が引き落としされるからという理由でやるのなら便利。口座にお金を入れておかなければいけない時は振込キャッシングで対応がいいかもしれませんね。

メリットデメリットを踏まえた上で即日融資 ランキングから良質な会社を選んでくださいね。