カードローン 総量規制

ネットキャッシング活用術

総量規制でカードローンの審査は簡単になっている

総量規制の影響でカードローンの審査は簡単になっています。
なぜ審査を簡単にしているのかと言うと、
厳しい審査をしなくても安全性が担保されるとわかっているからです。

総量規制というのは、消費者の年収に従って融資の枠に制限をつける事を言います。
そもそも、金融機関が大口の融資をする際に厳しい審査を科すのは
貸したお金を消費者がきちんと返済してくれるかどうかを確認するためなのです。

制限以内であれば返済も確実

総量規制によってあらかじめ安全性が担保されているカードローンでは、
難しい審査をする必要が無いというメリットが発生します。

融資の枠に制限が付くと言うことは必要以上の金銭のやり取りが
発生しないと言う事を意味しますので、
消費者がお金を返済できる確率が非常に高いのです。

その証拠に、カードローンの審査で重要とされている審査はたったの二つになっています。
カードローンでは信用情報と身分の証明の二つさえ突破できれば、
誰でも簡単に審査が通るようになっており、
こうした簡易的な審査になっているのもこの規制のおかげなのです。

一定の収入さえあれば融資が可能

実際、カードローンの審査はアルバイトやパート、主婦であっても通るようになっています。
総量規制によって融資の枠に制限が付いていると言うことは、
言い換えれば一定の年収さえあれば誰でも融資を受けても良い
という解釈になりますので、融資の対象にほどんど制限がなくなるわけです。

実際に現状のサービスはそのようになっていますので、
カードローンほど安全性の高い融資はないと言えるのです。